キミの夢をかなえる塾 ENCOURAGE・エンカレッジ

≫ EDIT

テスト勉強会




中学生、高校生は
来週から期末テストがスタートします。

そこで、エンカレッジでは
期末テスト勉強会を行います!

20180621235828bb3.jpeg



今週の23、24日の土日に行います。
基本は自習ですが分からないところなどは
フォローしていきます。
5教科のテスト範囲のプリントも配布します。

参加料はプリントなどの教材を含めて
1000円です。
塾生以外の生徒で興味がある生徒も
ぜひ参加してみてください!


| お知らせ | 18:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

統一模試




期末テストや中体連が近づいてきて
生徒たちも忙しくも充実した日々を過ごしています。

中学生がちょうど期末テストが終わった週、
6月30日(土)9時30分集合で
今年度初めての統一模試を実施します。
今回は中3、小学6年生が対象となっています。


出題範囲は以下の通りです。

20180607214651e8b.jpeg


20180607214659b2a.jpeg


中3の実施時間は5教科各50分
小6の実施時間は4教科各40分です。

受験料は
中3は3300円、小6は2600円です。
また、結果を郵送してほしい方は
切手代120円をいただいています。

コンパス、筆記用具、お昼ご飯
は各自で持参してください。


毎回、中種子の生徒だけでなく
西之表からも多くの生徒が参加しています。
自宅受験ではなかなか味わえない雰囲気を
エンカレッジで味わってみませんか?

興味のある保護者、生徒のみなさんは
ぜひお気軽にお問い合わせを!

どちらの模試も申込締切は
6月20日(水)です。


tel: 0997-27-0095(エンカレッジ)
tel: 090-3630-2152(オオガ)
mail: encourage.tane@gmail.com

| お知らせ | 18:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

高校生はテストお疲れさま!





ここ数週間で一気に蒸し暑くなり、
塾に来る生徒達も暑さで疲れ気味です。
種子島の夏はもう始まっています!


今週、高校生は中間テストが始まり、
金曜日に終了しました。
毎日放課後から夜遅くまで自習に励んでいました。

普段は黙々と一人で自習している生徒も
友人と問題を出し合いながら
充実した自習を行えていたと思います。

一人で集中してやることも大事ですが、
教え合いをする中で気づけることもあると思うので
生徒達同士で自習するのは良いですね!
お喋りに偏りすぎるのは良くないですが...。


エンカレッジではテスト前に
対策のためのテスト勉強会を行なっています。
塾生でない生徒も対象です!

今年も行う予定なので
日程が決まり次第ブログでもお知らせします!



「エンカレッジに興味はあるけど...」
「個別授業を受けたい」
「統一模試を受けたい」

無料の体験授業も行なっていますので
お気軽にお問い合わせください!

tel: 090-3630-2152(オオガ)
tel: 0997-27-0095(エンカレッジ)
mail: encourage.tane@gmail.com

エンカレッジへの問い合わせは
夕方以降の時間帯が繋がりやすいです。
また、日曜日は休塾です。



| お知らせ | 22:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

楠隼中高一貫教育校!





本日はエンカレッジに
楠隼中高一貫教育校の広報の先生が
いらっしゃいました。

201805181819566e1.jpeg


楠隼中高一貫教育校は
公立の中高一貫校として全国初の
全寮制の男子校です。
そのため、全国から多くの生徒がやってきて
共に学校生活を送っています。

また、国内唯一のロケット発射場をもつ
鹿児島県にあるということもあり
JAXAと連結した宇宙航空教育を行っています。

進学実績も開校して4年で
東京大学2名、広島大学、鹿児島大学など
国公立大学へ14名。
中央大学、法政大学、同志社大学など
私立大学へ12名。
と素晴らしい実績を残しています。


5月から7月にかけて
県内で学校説明会を行うそうです。

種子島でも6月2日(土)14:00から
西之表市の種子島産業会館大会議室で
事前申込み不要の説明会があります。
どなたでも参加できるそうです!

興味のある方は是非参加してみてください!



| お知らせ | 21:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「種子島」という環境でも...




新学期がスタートとして
早くも4月が終わろうとしています。
生徒たちも新しい環境に
少しずつ慣れてきたようです。


今回は一人の塾生の素敵な体験を
インタビュー形式で記事にします。

その体験とは...

種子島エアロスペーススクール
というJAXA主催の5日間の宿泊プログラムです。


普段クールな塾生が目を輝かせて話す様子を見て「塾だけで留めておくには勿体無い!」
と思い記事にしました。


このブログをご覧になっている種子島在住の保護者の方、或いは島外から離島での暮らしをリサーチなさっている方にとって、きっとヒントになるものがあると思います。

もちろん現役のキミにもね!


Q.まず、どうして参加しようと思ったの?
A.小さい頃からロケットは身近に感じていて興味もあったんですけど、全然詳しくなかったので、参加して知識や仕組みを知りたい!と思ったからです。
それに、全国から集まる高校生との交流ができるのも良いなと思いました。

Q.どんな活動を行ったの?
A.チームでの活動が基本でした。モデルロケットを自分たちで作成して、打ち上げまで行いました。講義を受けたり、普通は入れないような施設を見学したりもしました。管制室に入って、打ち上げシュミレーションを行ったのはかなりレアだったと思います。

Q.チームでの活動って具体的には?
A.この宿泊プログラムにはミッションが設けられていて、講義を受けながらそのミッションの為のモデルロケットを作成しました。
チームのメンバーとは毎日遅くまでディスカッションして、講義以外の時間にも自分の為になる発見がたくさんありました。

Q.プログラムの中で驚いたことは?
A.参加者からの質問の多さです。毎回、講義が終わった後の質疑応答だけで40分ぐらい使って次の予定が押していました(笑)
例えば、ある人がロケットの色について質問したおかげで、それが断熱材の色だということが分かり、そこからまた話が膨らんだこともありました。
そんな風に他の人の質問で自分の持っていなかった視点に気づくことができて、講義だけより数倍の知識を得られたと思います。

Q.プログラムを通じて得たものはあった?
A.一番はロケットに関する知識が増えたことです。
種子島に住んでいる自分でも体験したことのない、見たことも聞いたこともないものばかりでした。
プラス全国に友人ができて、プログラム終了した今でも連絡を取り合ったりしています。

2018042222161273b.jpeg


写真はみんなとの思い出のTシャツだそうです。

インタビューをしている間の塾生の表情が
とてもイキイキしていて聞いていた私まで
ニコニコしてしまいました。

「参加している人は、みんな1つ自分がときめく何かを持ってたんですよ。」

塾生がインタビューの中で言っていた言葉です。
一人一人が◯◯マニアと言えるほど、
好きなことを持っていたそうです。

ときめき=好奇心 だと私は感じました。
興味を持つことは誰だってできます。
そこに好奇心が加わることで探究心が生まれ
より深く知識を得ることができると思います。


種子島で教育業に携わっていると、よく聞こえてくる声があります。

「種子島だから無理、田舎では何もできない」

というものです。
でもそんなことはないと塾生が証明してくれました。
離島で、ドが付く田舎の種子島で、こんなに素敵な体験をしたんですから。

どんなよいものも
待っているだけでは経験できません。
どんな環境にいたって
待っているだけではチャンスは限られてしまいます。
彼は種子島という環境をマイナスに捉えず、
自ら行動していったのです。

そのおかげで、むしろ種子島だからこそという経験をすることができました。

今回の塾生とのインタビューで
私自身も多く学ぶことができました。
色んなことにチャレンジしていく過程を
見守れることはとても嬉しく、興味深いことです。

私たちもこの環境を逆手にとって
種子島の子供たちの未来が明るくなるような指導ができたら!と思っています。

ここ種子島から、大きな世界に
どんどん突き進んでいってくださいね!

| お知らせ | 18:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT